私は気になる男性から好意を寄せてもらいたいがために、ジムに通って健康的な体になるように頑張っています。

嫌いな筋力トレーニングをしたり、有酸素トレーニングを頑張っています。
それだけではモチベーションを保つことが難しいので、マラソン大会に定期的に出場をして体型を維持しています。

マラソン大会を完走するためには、練習をきっちりとしなくてはいけません。
練習をしっかりとすることによって食べ物に気を付けたり、運動をサボるということはありません。

 

以前は太っていたのですが、ダイエットを始めて痩せることができました。
この体型を維持するためには、努力が必要であると思いました。

努力を怠ってしまうと、次走ったりするときに体が重くなります。
体が重くなるので、もう走りたくないと感じてしまいます。そう感じないように日々努力をしています。

 

ダイエットをして、自分が痩せてから今までの自分とは違って、少し明るくなりました。
自分に自信が持てるようになりましたし、ヘッドバンドは汗が顔に流れてくることはありません。
そのため化粧が崩れにくいという特徴があります。

 

自分の体型を維持することによって、体型を隠すような服装を着ることはなくなりました。ボディラインがしっかり出るような服やノースリーブでも出かけることができるようになりました。
体型の維持をすることによって、その服装を着続けることができます。ふんわりした服を着ているときは女性の好感は得られたような気はしますが、男性の気は引けませんでした。

ジムに通って体系維持するだけでは男性にモテない

ある時、男性の気を引くには適度な肌見せがいいということが分かりました。

ふんわりワンピースよりもボディラインが出るワンピースを着たときの方が人気を得ることができます。そのワンピースを着続けるためには、太ってしまってはいけません。

気を引くためには、オシャレな服を着て運動をしています。マラソン大会では、かわいい服やおしゃれな格好をして走っています。化粧もバッチリしています。

ランニングシューズにも気を遣っています。おしゃれな柄のランニングシューズを選んで買いました。ランニングスカートというのがあり、それを着て走ります。上半身も黄色やピンクといった華やかな服を着ます。髪型はお団子やツインテールをして走ります。ヘッドバンド(サッカー選手が付けている)をして走ります。よく周りからかわいいやオシャレと言われます。声をかけられたりもします。

 

応援をしてくれる人には笑顔で応えています。ゴールのときはもちろん笑顔です。辛くても笑顔でいることによって、楽しそうというイメージを植え付けることができると思います。

走ること自体を好きになることもできました。自分の好きなことをしているときは、やはりいい顔をしていると思います。実際に走り終わった後は爽快感でいっぱいです。達成感を感じることもできます。

何かを頑張っている姿というのはとてもいいと思います。無気力の人より、やる気がある人のほうがよく見えると思います。